FC2ブログ
父のひとりごと
りょうまの父が語る、ちょっと笑えて、ちょっと真面目な「ひとりごと」
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【903号】自閉症の青年と駅員
ただ今、通勤電車の中から、モブログ中です。

昨日通勤途中のある駅で、自閉症と思われる青年を見かけました。

彼は、駅のホームで停車中の電車の横に座り込み、電車の壁を人差し指で、色の違う箇所をなぞっています。

電車が出発の気配になってきたので、私は彼の横に座り込み、「電車が動きます。電車から離れましょう!」と話しました。

すっと立ち上がってくれた、青年。
解ってくれたんだね。

しかし、直後に現れた駅員。
「危ない!危ない!どいて!」

青年は驚いてホームを全速力で走って行ってしまいました。

駅員としては当たり前の言い方だったのかもしれませんが、ちょっとモヤモヤするのは、何故なのでしょう?

もう、会社に着きそうです。

では、では。
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
たまたま目にして読ませていただきました。じ~んときました…りょうまパパの優しさと、駅員の無神経さのギャップに考えさせられました。
私も毎朝同じ時刻に道路を歩く自閉症と思われる青年とすれ違うんです。両耳を手で塞ぎ車通りの多い道でセンターラインよりに歩くので確かに危なっかしいのですが、たまに舌打ちするようなドライバーの表情を目にすると哀しくなります。
ついつい気になり振り返って様子を伺ってしまう私です。
駅で見かけたその青年に解り易く話しかけ注意して差し上げたりょうまパパのような人が、一人でも多くなればいいのに…

2008/02/28(木) 00:09:43 | URL | ななちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。