FC2ブログ
父のひとりごと
りょうまの父が語る、ちょっと笑えて、ちょっと真面目な「ひとりごと」
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【500号】発達障害、足らぬ医師
日本の発達障害に対する医療体制はどうなっているのだろう・・・。

発達障害、足らぬ医師 受診者増加、初診まで3年待ちも

 対人関係やコミュニケーションに問題を抱える自閉症やアスペルガー症候群など、発達障害の医療現場の混雑ぶりが目立っている。受診希望者が押し寄せ、初診まで3年待ちとなっている医療機関や、待機者が増え過ぎたため初診の受け付けを休止したクリニックも。発達障害は早期に発見し、本人や家族を周囲でサポートしていくことが望ましいとされるが、専門医不足が大きな妨げとなっている。

 京都府内に住む40代の主婦は、高校1年生の長男が小6のとき、不登校ぎみになった。地元の児童相談所で大学の専門医を紹介されたが、診察まで2年近くも待たされ、アスペルガー症候群と診断された。

 その間、長男は中学でも不登校が続き、不眠気味となり、昼夜逆転の生活が続いた。主婦は「診断も受けられず、親としてどう対応していいのかもわからず、つらかった」。自身も心労から頭痛やめまいに悩まされ、病院で治療を続けたという。

 発達障害は、知的障害や言葉の遅れはないものの対人関係に問題を抱えるアスペルガー症候群や、落ち着きのなさや注意散漫が特徴の「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」、読み書きや計算など特定の分野だけ学ぶことが困難な「学習障害(LD)」なども含み、脳の機能障害が原因と考えられている。文部科学省が02年、全国5地域で実施した調査では、普通学級に通う小中学生約4万1600人のうち6.3%が発達障害の可能性があるとされた。

しかし、厚生労働省の推計では、専門医は小児科医を含めても全国に200人程度。発達障害の専門として知られる医療機関では、1年以上の受診待機者がいるところが多いという。

 大阪府立精神医療センター(枚方市)内で発達障害の診断をしている「松心園」の場合、初診まで3~4年かかり、900人余りが待機している。常勤医は3人いるが、1人で再診患者を500人抱え、再診予約は約3カ月先だ。府は今年度、同園のスタッフを増員し、4年半で待機者をなくすことを目指す。

 全国から患者が集まる「よこはま発達クリニック」(横浜市)は待機期間が3年以上となったため、昨年春、初診の受け付けを休止した。

 内山登紀夫院長によると、発達障害の診断には時間がかかる。治療といっても手術をしたり、高額の薬物を出したりするわけではなく、生活面へのアドバイスなどが中心。診療報酬が高くならないこともあって、専門医へのなり手が少ないという。

 専門医にかかれず焦った親が一般の小児科に行き、不適切な指導を受けて状況が悪化する例もある。内山院長は「国主導で、大学内にモデル的な専門医養成機関を作るなどして医師を増やしてほしい」と話している。

2006年07月01日 asahi.com関西ニュースより抜粋



上記記事をお読みになられた方は、どのような感想をお持ちだろうか?
私の感想はやっぱりそうか・・・という感想である。
実を言えば、りょうまがまだ自閉症と診断されたばかりの頃、記事の中の「よこはま発達クリニック」に予約をしたことがあったが、やはり数年の時間を要した。
結局、そこで受診することはなかったのだが、これが実際の現状である。

上記記事によれば、専門医は全国に200人程度だとのこと。
“全国で???”・・・本当に愕然とする。

やはり、日本の現状を見ると、まだまだ福祉後進国と言わざるを得ない。
少なくとも、日本国内には発達障害の悩みを抱えた多くのご家族が、専門医に相談できないでいる現状は、何とかしなければならないのではないだろうか?
それとも、専門医増に期待しても無駄なのだろうか?
急激な専門医増に期待できない以上、専門医に代わる他の何かが、やはり必要であると私は感じている。
コメント
この記事へのコメント
 初めまして。たまたまヒットし、初めてブログを拝見しました。
 私は、現在は子どもに関わる仕事をしています。まだまだ始めたばかりですが…。発達障害の悩みを抱えたご家族が、専門医に相談できないでいる現状について、私もとても 難しい問題だと思っています。
 そこで、専門医に代わる他の何かということでしたが、発達障害を専門としている作業療法士(リハビリ職)で、とても実力をお持ちの先生方がいらっしゃいます。こちらも金銭面(給与)など色々厳しい現状があり、まだまだ少ない専門分野なのですが、診断名をつけるということよりも、生活面や子どもさんの難しさを一緒に考え、関わっていく職種です。巡回相談員として活躍されている方もいらっしゃいます。
 個人的には、医師のみでなく具体的に生活のフォローが専門的にできる職種も含めて、チームでこどもさんの支援ができればいいなと考えています。
2006/07/19(水) 05:20:35 | URL | やす #-[ 編集]
始めまして。私は子どもではなく、成人の発達障害(の可能性)者です。

専門医は子どものほうが可能性があるのに。大人の場合は全く受け付けてくれません。大人の場合、専門医も診てもらえず、就労に関しても手帳の交付ができず、支援が受けられません。

これは子どもだけでなく、大人の発達障害も手を差し伸べるべきではないのでしょうか?

勝手な意見を言ってしまってすみません。
2009/01/06(火) 23:43:34 | URL | kumin #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。