父のひとりごと
りょうまの父が語る、ちょっと笑えて、ちょっと真面目な「ひとりごと」
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【189号】忘れられない恩師
私には、今でも忘れられない恩師がいます。

それは、小学校3・4年生の担任であった、カワノ先生。
カワノ先生は九州の宮崎県日南海岸が実家。
当時、田舎から上京してまだ数年であった先生。まだ所々に宮崎のなまりが残っていた気がします。当時先生は30歳位。私は10歳。ちょうど今のりょうまぐらいでしょうか。

実は、この先生に出会い教わったことが、現在の私の価値観や正義感その他諸々に影響しています。

先生はたぶん国語の先生だった気がします。
先生から、よく話を聞かせてもらった「ごんぎつね」の話。
30年経った今でも、「ごんぎつね」のやさしさと切ない話は私の中にしっかりと残っています。
「ごんぎつね」という物語を通して、“心”というものを教えてもらった気がします。

また、先生のすごいところは、このごんぎつねの故郷(たぶん静岡県)まで自転車で何度も行っていたこと。好きなことに対しては、とことんまで突っ走る姿。
少年の私は、先生のその話を聞くのが好きでした。
学生時代に、自転車で野宿をしながら東北・北海道一周をしたのも、そんなカワノ先生の影響が有ったのです。


一方、怒ると怖かった先生。。。
先生は当時の我々子供たちに、分け隔て無く、善悪をしっかり教えてくれました。

近くの川の土手で行なわれたマラソン大会。
その大会に向け、毎日のように先生や皆で走ったグランド。
我クラスは確か男女ともに優勝した気がします。
しかし、あろうことか、本番当日、私は土手から転げ落ちてしまいました。
そんな私に、先生がクラスで獲った優勝の賞状やメダルを私の首にありったけかけて撮った写真があります。本当に嬉しかった。
その後、中学から高校にかけて、校内で長距離が誰にも負けないくらい早くなったのは、この日のこの出来事がきっかけかもしれません。
今、この写真は私の宝物です。
aimg048_r1s.jpg
クラスメイトと。真ん中が私です。(ちなみに実写真はカラー)

思い出せば、山ほど出てくる3・4年生の記憶。
本当に不思議なくらい、この時期の記憶は私の中に残り、どこかにカワノ先生の姿を追う自分がいます。

風の便りで、最近までK市内の校長先生をされていたとのこと。
そう考えると、先生は今頃ちょうど定年退職される頃かもしれません。


カワノ先生。
先生から教えてもらった多くのことは、大人になり父親になった今でも、しっかり私の中で生き続けていますよ。
~教え子の一人より~
コメント
この記事へのコメント
かわいい♪
りょうまパパさん、かわいいです~!
面影が残ってますね。

よい先生との出会いは一生の宝物ですね。
私はそんな先生いたかな~?
2005/06/05(日) 08:23:09 | URL | のんのん #4A9T8td.[ 編集]
かわいい♪2
幼い頃のぱぱさんりょうまくんそっくり!
そりゃあ親子ですもの似てますよd(^-^) ね!
2005/06/05(日) 10:05:44 | URL | あおはは #-[ 編集]
かわいい♪パート3
(* ̄∇ ̄*)。。ホントによく似ていらっしゃいますね。
驚きました(^-^)ニコ

素敵な先生に出会えて 一生の宝物☆ですねぇ。。。
(∇〃)。o〇○ポワァーン♪
2005/06/05(日) 15:15:50 | URL | なおねぇ #QdHFjWe6[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。