FC2ブログ
父のひとりごと
りょうまの父が語る、ちょっと笑えて、ちょっと真面目な「ひとりごと」
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【698号】今日から中学生
今日は、りょうまの入学式

いよいよ、りょうまの中学生時代のスタートです。

天気がよくなって良かったね。
スポンサーサイト
【695号】卒業証書授与の写真
学校から週末頂いた、卒業証書授与の際のりょうまの写真です。
りょうまがしっかりと証書を受け取った記念すべき写真なので、あらためてこちらに掲載しました。




とても良い写真だなあ~。
【561号】2:30までがんばってくれました
おはようございます!

昨晩(じゃなくて、今朝か・・・)、りょうまは2:30までがんばってくれました。

ヽ(  ̄○)ゞ。o○ファ~~♪

でも、もちろんもう起きてます。

それも6:00から・・・。

眠くないの~、元気だなあ~???

そのあたりはパパ譲りなのね・・・。(似なくてもいいよ)

じゃあ、遊びに行こうか!
【438号】なんだ?なんだ?
お~い!どうした?

週末の土手にあるベンチ。

お昼の弁当を食べたあと・・・、なんだ?なんだ?

りょうまはみの虫のようになってしまいました。

今のりょうまのこだわりの一つなのです・・・ハイA(--;)

IMG_3090_1_1.jpg


腹、冷えるぞぅ~ぃ!

【323号】りょうま完走!
日曜日、一般のマラソン大会にりょうまと参加してきました。
と、いっても、親子で参加する1キロマラソンです。
でも、完走できました!
よろしければ、左にあるリンクの『そよ風の手紙』の「元気日記」を御覧くださいね。

切り番21万番の方もあと少しなので、チェックしてくださいね。

【299号】西城店長とCMに!
広島出身の有名人といえば、やっぱり西城秀樹でしょう!

西城秀樹といえば・・・・、りょうまが小さい頃(3・4歳くらいかな?)、西友のCM撮影に参加することになりまして、そよ風親子は、小さいながらもTVCMに登場?したのであります。
(えっ?よく見ないと見えないって?・・・その通り!)

IMG_2068.jpg
西城店長は、当時とてもパワフルな方でした。

IMG_2079.jpg
撮影は、近所の公園で行なわれました。

IMG_2072.jpg
さー何処にいるでしょう?(ウォーリーをさがせ状態?)

aIMG_2072.jpg
父の膝の上でダッコされているりょうま。分からないって?( ̄∇ ̄;) ハハハ
【292号】療育手帳の写真
りょうまの療育手帳の更新時期が来た。

児童相談所の担当者との面談の結果、今回もりょうまは最重度と判定された。
この結果、親としてはちょっと複雑な気持ちではあるが、ありのままのりょうまを客観的に見ると、確かに最重度かもしれない。

でも、りょうまはりょうまなので、何も変わらないのである。

さてさて、りょうまの療育手帳の更新に伴い、新しい写真が必要だと、最近のりょうまのスナップ写真を探したのだが、カメラの方を見ている写真がなかなか無い・・・。
困ったなあ・・・ということで用意していったのがこの写真。

散歩中に父を見上げた一瞬のシャッターチャンスで取った写真。

bIMG_0870.jpg


一応カメラの方向いているけど、頭が切れてるよ~。。大丈夫かなぁ?




ちなみに、更新手続きに行ったら、今回は写真いらないんだって・・・・・・ヽ(_ _ヽ)コケッ
【273号】ゴールテープは、ぼくがきる
このブログは、HOME『そよ風の手紙』の「元気日記219号:数十秒の感動」とあわせてご覧くださいね。

aIMG_1881.jpg
ヨーイ、ドン!と同時に抜け出したりょうま。。全く予想外の展開にビックリ(@@;)

aIMG_1892.jpg
赤い帽子のりょうまは、第1コーナーから第2コーナーまでぶっちぎり!

aIMG_1893.jpg
余裕の回転?くるっと2回転もするりょうま。。・・・りょうまらしい

aIMG_1897.jpg
オイオイ、どこへ行くの???そっちじゃないよ。。(しっかりトップを返上)

aIMG_1898.jpg
いつものように袖をクルクル。ゆっくり本部前の直線を歩いてゴールへ。。

aIMG_1899.jpg
先生が待ち受けるゴールに到~着!ヤッタ~!!!


aIMG_1900.jpg
と、思ったら、くるっと後ろを向きダッシュ!!!先生、スミマセンm(--)m


やっぱり、りょうまらしい姿を見せてくれた運動会でした。。。
【176号】友だちに興味を示さなかった1歳のりょうま
歩き始めたりょうまは、世界が広がったのか、いつもチョコチョコして目が離せなかった。

まだこの頃は、動物にとても興味を持っていた。
写真にも有るように、アヒルや、公園ではよく鳩などを追いかけていた。(ちなみに今(10歳のりょうま)はあまり動物に興味を持っていない様子。なぜか泳いでいるペンギンのみ興味がある・・・)

一方、お友だちには興味のない子であった。
公園に同じような小さい子やお兄ちゃんたちがいても、全くその子たちへの興味を示そうとしなかった。時々、子供たちの方からりょうまに近づいて来て、りょうまとのコミュニケーションをはかろうとするが、知らん顔のりょうま。
彼の興味の対象は人ではなく、むしろ砂や水たまりであった。
そんなりょうまに、母は少し(変だな・・)と感じていたらしい。

かわいい笑顔や、そのわんぱく坊主ぶりから、その頃の父には、全くそれを感じることができなかったのである。

↓マザー牧場であひるに興味津々のりょうま
aimg047s.jpg

【170号】痛みに強かった1歳のりょうま
1歳4ヶ月。
なかなか歩かなかったりょうまが、ようやく歩き始めた。
つたい歩きをして、つかまる所が無くなると、少し離れた場所に両手を前にしてふらふらしながら、瞬間的に移動した。
本当に嬉しくて、嬉しくて、その感動を今も思い出す。
父と母は少し離れた場所で向かい合って座り、りょうまはその間をよちよち歩きで歩いた。
りょうまの嬉しそうな表情と、くりくり眼を思い出す。

徐々に歩く距離も1m、2m、3mと増えて、ついには好きなところにちょこちょこと歩いてゆけるようになった。
もう、こうなれば水を得た魚だ!
りょうまは見えなくなったと思うと、背伸びをしてまで自分より上に有る興味のあるものを取り、僕らを慌てさせることもあった。
まさにその姿はイタズラ小僧そのものであった。

その頃はまだ動物にも興味があった気がする。
いつも我が家のエアコンの室外機の上でくつろいでいる、近所の野良猫をじっと見ていたこともあった。


歩き始めると、当然のように転ぶこともある。
りょうまは時々凄い転び方をしたり、どこかの角に頭をぶつけたりすることも有った。
普通の子供であれば痛くて泣き叫ぶのではないだろうか?と思うような痛い場面に出くわしても、りょうまは何故か泣かなかった。
まるで痛みを感じていないように、泣かずにそのあと普通にしている場面に何度も遭遇した記憶がある。
父からすると、そういう痛い場面で泣かない息子に“強い子だな・・・”。と、ちょっと嬉しかった。

でも今冷静に思い出せば、それは1つのサインだったと感じている。

aimg046s.jpg

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。